Outtakes from Fastest Lap
Copyright © 1990 Nobuyuki Shioda All Rights Reserved.



ゲームボーイ「ファーステストラップ」のボツ曲を繋いでみました。
内訳はと云いますと、Warning - Run Out (SE) - Jingle - Ending です。
Warningは燃料が足りなくなってガス欠寸前になるとBGMが変わる予定だったんだけど、燃料より先にサウンドの容量が足りなくなってボツになったっつー。今回はオマケでエンストSEも付けてみた。
ジングルは企画氏のお気に召さなかったようでボツになった。ジングルって短時間にやりたい事を集約できるところが魅力であって、コレも満足度が高かっただけに残念だった。
エンディングはまあ、悪くはないんだけど、何かちょっと違うなーと思って自ら引っ込めた。このゲームの場合はもっとドーヤな曲調の方がふさわしいと思って。まあ、何つーか、満貫じゃあ満足行かず、跳満とか倍満を狙いに行きマシタ的事情とでも云いましょうか。
[ Music ] ChipMusic
2020-05-03 18:06:57



▼ 戦闘状態

まあ、相手は鳩なんですが。一週間も休みなく続いた。

‪10日ほど前からかなあ、明け方に鳩が数匹ベランダに来て、マイ安眠を妨害するようになった。‬
風流に鳴くのならまだいい。何だか機嫌の悪い猫のようにグルルとしか鳴かないヤツだったり、ポーと鳴こうとするとえずいて、ポオエーーー、オエエエーーーとやるヤツまでいるんだから、毎朝5時前からこうも胸糞悪い起こされ方をされちゃあ堪ったもんじゃない。
‪最初は高校の体育で使ってた竹刀を枕元に置いて、うるせえと思ったら窓をドンドン突いてたんだけど、一日で要領を覚えやがって翌日には早くも効果が無くなった。‬
‪敵を確認すると、つがいで2セット、計4匹が我が家の向こうから監視していて、人間が室内に引っ込んだと見るや執拗にベランダへと飛来してくる。コレがホント執拗。まあしつこいの何の。‬日中はこれがずーっと続く。
‪こうなったらちゃんと対策しないとダメかと思って生態を調べたらやっぱり、お気に入りの場所に対する執着心がエゲツないと書いてあって、こいつあ厄介な事になったと辟易した。‬
‪幸い我が家はまだ鳩糞も少ない初期段階だったようで、対策としては、糞は必ず掃除して人間の手が入る場所ですよと分からせてやる事、そして今だったら鳩の嫌いなニオイのスプレーが効くと云う。‬
‪早速ホムセンに飛んで、1ヒデヨー払ってスプレーを買って説明書の通りに噴射したら、まさかの鳩に効かずにオレに効く展開ですよ。‬
‪そーゆー匂いモノには滅法弱い体質であるのを忘れていて、そんなオレが即効で弱り果てて行く傍で、噴射から3分も経たずにトーハーのヤロウは飛んで来て、まだスプレー跡の残る手すりにすまして佇んでいやがるんだから、ただ自身と財布を傷めただけな結果に終わり、さらにたんまり余った臭えスプレーの処分に悩む始末である。

‪第二の手段として、たまたまあった板に木ネジを打ち込むっつー、トゲトゲ大作戦に出てみた。まさかこの年になって、こんな釘バットまがいの工作をやるとわ。‬
‪つっても大して長くもない木板なので、ヤロウが特に気に入っているベランダの端の部分にテスト的に仕掛けてみたら、最初はそこを回避するようになって効果アリと思ったが、程なくして木ネジのリーチを見切って平然と切っ先に止まるようになりやがった。これも失敗。‬

‪で、最終手段。シンプルに戦争ですよ。洗車や植木の水やりに使っているホースリールのモードをジェットにして、飛来してきたところを迎撃するという。もちろん野生動物の反射神経の方が上だから当たりやしないんだけど、それでも侵入を許さないために、来ちゃあ撃って来ちゃあ撃ってを繰り返した。‬
‪夜は窓を半開きにして、手を伸ばせばジェットのグリップが届く状態で寝て、羽音や鳴き声がしたら狙撃に入る生活を繰り返していたら、人間の本能ってエライもんで、明け方になるとカラスとかいろんな鳥が飛ぶわ鳴くわで結構騒々しい中でもトーハーの羽音だけに反応して目を覚ますようになりましたよ。

‪そして今朝、ようやく我が家の敷地に侵入しなくなった。‬
‪ウチのすぐ隣に来て鳴いちゃあいるんだが、我が家の区画には入って来なくなった。‬
‪わははははー、勝ったーーーー。
とは云え、ここから一週間ぐらいは様子見ですね。まだ安心は禁物。ってコロナかオマエ わー。
[ Weblog ] 戯言
2020-06-07 12:03:04

Total1017870 7days001305 Yesterday000131 Today000292