Shinobi
Copyright © 2014 Nobuyuki Shioda All Rights Reserved.



去年の作ですね。確か忍者ゲーだったような。
また友達のとみやんにお願いされたんだけど、開発資金のヒジョーに乏しい話で、1曲のBGMをステージ中とボス戦で使い回したい、との事だった。簡単に云うよなあああ。
なので、冒頭のサイレンを外せばステージ曲、付ければボス戦っつー使い方ができる曲にしてみた。

忍者ゲーなのでもちろん和を入れた方がイキフンが出るんだが、Reason感の出た音楽も捨てがたかったんで、いっその事、和とテクノを融合させた和電折衷でやったれやーと思って。
ReasonはまたLogicからReWireでコントロールしてます。そして和楽器プラグインも使ってみたでござるよニンニン。
[ Music ] DTM by Mac
2015-07-05 17:39:49



MDQ
Copyright © 2012 Nobuyuki Shioda All Rights Reserved.



K社のお友達であるとみやん君がiPhoneゲーを作るって云うんで、簡単な曲をダーターで作った。
クイズゲーのBGMなんでもっと地味にしていいんだけど、今やBGM制作の世界から10年近くも離れちゃってるモンで、程よく「抜く」のがすっかりヘタクソになっちゃってねい。
なので今オレに曲を作らせたら、ラーメンのつもりがチャーシューメンで出て来マシタ的なおトク感があるかも知れません。
でも逆に、このぐらい賑やかな曲の方が却って楽しそうで良かったと思ってますけどね、オレわ。

コレはLogicで作ったけど、音源は全部REASONをReWireして鳴らしたものです。
REASONのミキサーを介さずに各音源から直でAudioOutに挿していて、それと関係あるのかはワカランけど、どうもREASON単体で作るよりも音がいいような気がしてならぬ。
[ Music ] DTM by Mac
2014-01-25 15:45:00



In the Garden
Copyright © 1998 KID Corp. All Rights Reserved.



Reason7の実験その4。またまた某ボードゲームより。
まあココまで来ると実験と云うよりは惰性で作ったようなモンでさあね。
一応、一番最初のステージに該当するんで、このゲームの雰囲気を総括した曲であると云えるんじゃないかと思いマス。

まぁ曲に関しては特筆するトコは無いですね。こーゆーのはもぉ、ゲームボーイのお子様ゲーとかで散々作り倒してきた曲調なんで。
ただ、このゲームの音源がしょっぱかったとは云え、さすがにゲームボーイと比べると音色のバリエーションは比じゃないからコッチの方が表情のコントロールがしやすいってのは当然あって、そこを利用するという意味ではゲームボーイの作曲法とはまた違うっちゃあ違うんですが。
[ Music ] DTM by Mac
2014-01-05 15:44:00



Future City
Copyright © 1998 KID Corp. All Rights Reserved.



Reason7の実験その3。下と同じ、某ボードゲームの曲です。お題は「未来都市」で。
AntidoteっていうREのソフトシンセが年末に安売りしてたから試しに落としたらツボってしまい、ドラム以外は全部Antidoteで作るつもりで始めたものの、結局ちょっとだけThorも入れた。

オレこーゆー、インストで明るい8ビートの曲って実は好きじゃなくてあまりやらないんだけど、このゲームのキャラとか絵のタッチを見てたらこーゆー曲調の方が合いそうだと思ったから、個人的にアウトじゃない範疇でやってみたんですが。
未来チックな曲を作るはいいが、以前云った通り未来チックな音色なんて到底使えなかった事情もあったんで、だったらBメロの展開で未来感を出してやろうっつー作戦の下に作りましてん。
コード進行で未来感を出すってのはアレです、「AD2302」っていう烈火の未使用曲を作った時に会得した手法です。そーゆートコはやっぱりオレもファミコン仕込みって感じっすね。ファミコンに育てられたっすチックな。
[ Music ] DTM by Mac
2014-01-05 15:43:00



Underwater City
Copyright © 1998 KID Corp. All Rights Reserved.



Reason7の実験その2。2ミックスまでがReasonで、整音チックな事はLogicでやってみた編。
曲はさっきのと同じく、某ボードゲームより。
お題は「海底都市」だったから、何だかフワフワした感じの曲にしてみた。

軽く曲説しますと、コレはゲーム音楽ナメんじゃねえぞ色がちょっと出てます。
J-POPの世界では「らいおんハート」(2000年ぐらい?)あたりから和声感の独自性みたいなのをチョイチョイ表現するようになってきたけど、そーゆー技術的、感性的な部分ってゲー曲の方が遥かに先行してるんです。
少なくともオイラのバヤイ、89年にK社に入って程なくして、そーゆー手法に開眼したからね。
ただ、そーやってトンチを効かせる一方で親しみ易さは大事にしようと思ってるっつーか、そーゆー相反する要素を両立させるのがロープーとしての腕の見せドコロなんで、この曲、トーシローさんにもちゃんと受け入れてもらえるんぢゃないかと思っておりま。
キーがCメジャーのくせに黒鍵祭りな内容だったりと好き放題やらかしといて何ですが。
[ Music ] DTM by Mac
2013-09-22 15:30:00



The Mansion of Haunt
Copyright © 1998 KID Corp. All Rights Reserved.



Reason7の実験その1。コレはReasonオンリーで作った(のをお蔵にしまっておいたんだけど、せっかくだからUPしようと思い立った)。
つっても新曲ではなく、昔作ったプレステ/サターン用のボードゲームの曲です。97年作。
オリジナル版はPSおよびSSの内蔵音源で、しかもK社お得意の訳ありサウンドなもんで正直しょっぱい音なんだけど、できる事ならこんな風にしたかったっつー当時の思惑に近づけてみた。つもり。

タイトルから察しの通り、お化け屋敷調なイメージなんですが。
ホラーイメージな曲調なんてのは何パターンもあるんだけど、このゲームは全体的にポップな雰囲気だから、あまり本気でホラー色を出すのもちょっと違うかなーと思って、こんな感じにしてみた。
オレに対して烈火のイメージが強い方は意外に思うかも知れないけど、実はこのぐらい遅めのテンポのノリって大好きでねい。
比較的最近だと、Chiptuned Rockmanでもこのぐらいのテンポでやったっけね。あ、アレはいくら何でももっと速いか。
[ Music ] DTM by Mac
2013-09-21 15:28:00



Total0683534 7days001368 Yesterday000268 Today000100